プラセンタの素晴らしい効果!

こちらでは、様々な素晴らしい効果を持つプラセンタの働きについて詳しく紹介しています。

プラセンタ自体が栄養素という訳ではありませんが、胎児の成長に欠かせない様々な成分を豊富に含んでおり、それは成人となった私たちが摂取しても、様々な恩恵をもたらせてくれます。

下記より、プラセンタの効能をしっかり学んで、更年期障害をはじめとした様々な病気の予防、健康の増進などに役立てて下さい。

プラセンタの詳しい働きについて(症状別)
更年期障害

心と身体の調子を整えて、更年期を全般的にサポートします。

プラセンタは、更年期障害の治療薬として長い歴史を持っています。
日本においては、「メルスモン」という名称の医薬品がありますが、これは胎盤抽出物が原料であり、つまりはプラセンタが用いられているのです。
効果・効能については、「更年期障害」 「乳汁分泌不全」を対象としており、ここからも、プラセンタの持つ「内分泌調整作用」によって、バランスが崩れたエストロゲンの分泌量を調整し、更年期における様々な不快感を取り除く働きが伺えます。
アレルギー症状

アトピー性皮膚炎を緩和・改善します。

アトピー性皮膚炎に対して、プラセンタで対策している方もいらっしゃいますが、これはプラセンタが抗アレルギー作用を持っているためで、プラセンタは肥満細胞に働きかけ、ヒスタミンなどのアレルギー物質の放出を抑える働きがある為です。
アトピー性皮膚炎はアレルギー症状の代表的なものの1つで、バリア機能の低下している状態の肌に、温度差、食べ物、ダニやハウスダストなどの様々な要因が刺激となって、激しいかゆみを感じてしまう皮膚疾患のことです。
アトピー性皮膚炎で医療機関を受診すると、一般的な治療法としてステロイドが用いられますが、医薬品の殆どが効果と副作用を持ち合わせているのと同様に、ステロイドにも副作用(白血球の機能低下、糖尿病、白内障など)があります。
そのため、近年では様々な栄養素をしっかり摂って体の内側から改善を計る方法が注目を集めており、プラセンタ療法もその1つです。
プラセンタの持つ細胞増殖因子によって、ダメージを受けた線維芽細胞を修復し、さらに痒みを過剰に感じさせてしまう神経の異常を抑える働きもあります。
ただし、プラセタンそのものにアレルギー反応を持つ方もいらっしゃいますので、をしてくれるので、体調の変化には注意して下さい。

花粉によるアレルギー症状を抑え、花粉症を緩和します。

プラセンタには上記の抗アレルギー作用から花粉症の緩和にも役立ちます。
また、花粉によるアレルギーでは、個人差はありますが、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみが主な症状が重くなることによって、頭痛、イライラ、憂鬱、不眠、食欲不振、集中できないなど状況が複合して出てしまいこともよくあります。
日頃からプラセンタを摂取していれば花粉症の予防にもなります。
医療用としてプラセンタを利用する場合、「更年期障害」や「肝機能障害」の治療以外では受けられないと考えている方が多いと思いますが、花粉症などのアレルギー対策の一環としてプラセンタ療法を行っている医療期間もありあます。
がん

細胞のがん化を防ぎ、がんを予防します。

プラセンタの効能が及ぶ範囲はとても広く、がんも例外ではありません。
特に、40歳を過ぎた女性や高齢出産をした経験がある女性に多い「乳がん」や「子宮体がん」などの抑制に効果があることが分かっています。
細胞のがん化の多くは、体内に発生する「活性酸素」によって引き起こされますが、プラセンタには胎盤を守るための強力な抗酸化作用も備わっていますので、活性酸素を除去し細胞のがん化を防ぎます。
さらに、内分泌調整作用が体内バランスを調整し、抗突然変異作用や遺伝子の修復作用ががん細胞に対抗して、がん化した細胞を正常な細胞に戻そうとする働きもありますので、最近では、がん予防のためにプラセンタを利用している人が増えているようです。
肝機能障害

肝臓を守り、肝機能障害を予防します。

「沈黙の臓器」と呼ばれる肝臓は、寡黙な一方で体内の解毒作用を一手に担っている働き者の器官ですので、常に正常に維持する必要があります。
さらに、肝臓は有害物質や薬物を各種の酵素によって解毒する為に、活性酸素が過剰に生成されやすい器官でもありますので、肝細胞が酸化により障害され、炎症を起こす危険性が極めて高い器官とも言われています。
プラセンタが肝機能障害に有効なのは大きく下記の2つの点によるものです。
●プラセンタに含まれる成分の中にはHGF(肝細胞成長因子)と呼ばれる成分があり、傷ついた組織を修復する効果を持っていますので、働き疲れた肝臓を再生・修復をして元の状態に戻す働きがあります。
●上記でも紹介しているとおり、プラセンタには胎盤を守るための強力な抗酸化作用が備わっていますので、肝臓に発生した過剰な活性酸素を除去し、肝機能の向上をサポートします。
このように、プラセンタは大きく2つの方面から、肝臓を守っているのです。
腰痛・肩こり

血流を改善し、腰痛や肩こりなどを緩和します。

プラセンタに含まれる様々な栄養素によって、血液がサラサラになりますので、腰痛や肩こり、冷え性や頭痛など血行障害の改善に役立ちます。
また、腰痛や肩こりは自律神経の乱れから発生する場合もありますが、プラセンタの自律神経調整作用によって、乱れを抑制し正常に整えることで、自律神経の乱れによる症状にも有効です。
さらに、プラセンタには抗炎症作用も備わっていますので、腰痛や肩こりによる痛みの軽減にも役立ちます。
薄毛・抜け毛

ホルモンバランスを整え、薄毛・抜け毛を予防します。

薄毛や抜け毛には複数の原因が考えられますが、その代表的なものの1つに男性ホルモン「テストステロン」の過剰分泌が挙げられます。
プラセンタには内分泌調整作用がありますので、この作用によって男性ホルモンの過剰分泌を抑制し薄毛・抜け毛を予防・改善します。
さらに、プラセンタの血流促進作用が頭皮の毛細血管に働きかけ、血流が良くなることから、頭皮にある毛母細胞に栄養をしっかりと届け元気にしますので、細胞分裂が活発になり健康で丈夫な髪を作り出すようになります。
そのため、プラセンタには発毛・育毛効果も期待されています。
美容効果

肌の老化を防ぎ、ターンオーバーを活性化します。

プラセンタが美容の分野で用いられているのは、プラセンタが持つ様々な成分が多方面から美肌作りをアプローチするからです。
透明感のある美しい肌を作るためには、ターンオーバー(新陳代謝)を促進し、シミやシワなどの肌トラブルを無くさなければなりません。
●プラセンタは、強力な抗酸化作用によって、シミの原因となるメラニン色素を抑制したり、出来てしまったメラニンを排出する効果があります。
さらに、プラセンタの働きは、活性酸素によって衰えるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を保護しますので、肌トラブルの起こり難い肌を作ります。
●プラセンタには、美容に欠かせないEGF(上皮細胞増殖因子)とFGF(繊維芽細胞増殖因子)が含まれていますので、ターンオーバーを活性化しキレイな肌の維持に大いに貢献します。
●各種ビタミン・ミネラルを豊富に含み、その他にも酵素、核酸、各ムコ多糖類なども含んでいますので、様々な効能が期待できる美容成分として化粧品・サプリメントなどにも用いられています。

プラセンタの効果を引き出すためには

プラセンタの効能が優れていることは様々な研究で判明していますが、その効果を最大限に引き出すためには、継続した摂取が必要となりますので、しっかりとプラセンタを摂取するには、サプリメントやドリンクなど健康食品として摂取することが理想的だと考えられています。

健康食品には、適した使用頻度などの表示がありますが、その際にちょっとしたテクニックを駆使することで、プラセンタの効果がより効率的に働きます。

プラセンタ治療はスタートが一番重要だと言われています。
そのため、健康食品として摂取する際にも、飲み始めは集中して服用するのが良いと言われています。
サプリメントの利用なら、目安量よりも少し多めに服用し、ドリンクなら毎日飲み続けることを、スタートから1週間くらいしっかりと続けます。
落ち着いたらペースを落としてサプリメントを目安量に戻し、ドリンクも毎日ではなく1週間に2本から3本といったペースに変更します。
スタート時に集中して服用することによって、より高い効果が実感できると言われています。

また、スタート時だけ美容クリニックなどのプラセンタ注射を利用するのも効果的です。
プラセンタの過剰摂取に不安を抱く方もいらっしゃるかもしれませんが、プラセンタの特徴の1つにバランス調整機能がありますので、必要量以外は自然と体内から排出されますので、安心して摂取出来ます。

プラセンタと健康

PAGE TOP

スポンサードリンク