更年期障害とは?

女性なら誰もが迎える、避けて通れない更年期(閉経の前後に相当する45〜55歳頃)。

更年期を迎えると、卵巣機能が衰退し女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの量が徐々に低下していきますが、このホルモンの量の変化に身体が慣れるまでの間の約10年間に現れる心身の不快な症状を更年期障害と言います。

よく知られている症状としては、ホットフラッシュ(強い熱感)、不眠、頭痛、うつ状態などが挙げられます。

また、近年では、閉経をむかえる年齢ではない10代、20代の女性にも更年期のような症状がでる「若年性更年期障害」が増えつつあります。
さらに、男性にも同様の症状が起きる「男性更年期障害」と呼ばれるものもあります。

このように、一昔前は更年期の女性のみに起こると考えられていた更年期障害ですが、近年では誰にでも起こりえる病気となっていますので、正しい知識を学んで、素早く対策することが大切です。

更年期障害の主な症状
自律神経障害 生理不順、ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ・発汗)、冷感(悪寒)、頻脈、
動悸(心悸亢進)、徐脈、頭痛 (頭重)、知覚異常、不眠、耳鳴、目眩など
精神障害 精神不安定(神経過敏)、うつ状態(抑うつ)、怒りっぽい(かんしゃく)、気力減退、記憶力減退(もの忘れ) など
身体・代謝障害 肩こり、腰痛、関節痛、筋肉痛、頻尿、排尿痛、残尿感、性交障害、食欲不振、悪心、嘔吐、便秘、下痢、腹痛、口内乾燥感(口渇感)、疲労感、手足の痺れ、シミやシワの増加など

更年期障害の症状の変遷

更年期障害には非常に様々な症状がありますので、具体的にどのような症状がいつ頃出やすいのかを大きく「初期」と「中期」、そして「後期」に分けて整理して説明します。

更年期障害の症状の変遷

更年期障害によく見られる症状とは?

更年期障害の原因

女性なら誰でもいつかは閉経を迎えますので、「更年期」は全ての女性に必ず訪れる期間と言えます。

更年期には女性ホルモンの減少に伴い様々な症状が出てくるのですが、不思議なことにその現れ方は千差万別で殆ど何も感じないまま過ごす人もいれば、非常に苦しい思いし生活に支障をきたす人もいます。
日本においては医者により「更年期障害」と診断される人は、更年期女性の2・3割と言われ、更年期に伴う症状が酷く仕事や家事など日常生活を健全に送れないほどの苦しい状態になった「症状」が出た人から「障害」を抱える患者というカテゴリーに分類され「更年期障害」と診断されることが多いようです。

ではなぜ個人によって症状の差があるのでしょうか?
それは、更年期の症状が大きく分けて2つの原因が複雑に絡み合っているためと考えられています。

1つは「卵巣機能の低下に伴う女性ホルモンの減少」です。
更年期障害を招く主原因となる状況で、経年により卵子が少なくなり、それと同時に卵巣機能が低下することで、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が乱れ、様々な症状を招くの原因になります。

もう1つは精神的な要素で、それまでの長い人生を通じて培われてきた「本人の性格や体質」、そして現在置かれている「環境的な要因」が症状の感じ方に大きく影響します。

これは簡単に言うと生理痛と同じ現象とも言えます。
子宮の内膜がはがれ落ちるという身体的なプロセスは女性なら誰でも同じなのに、「生理痛」の症状が酷い人と、特に何ともない人がいるのと似ています。
更年期障害の原因

更年期指数チェック

更年期指数(SMI)は更年期の不調をチェックするものです。
更年期障害の目安として、セルフチェックの際にご利用下さい。

症状
顔がほてる
汗をかきやすい
腰や手足が冷えやすい
息切れ・動悸がする
寝つきが悪い、眠りが浅い
怒りやすく、イライラする
くよくよしたり、憂うつになる
頭痛、めまい、吐き気がよくある
疲れやすい
肩こり、腰痛、手足の痛みがある

診断ボタンを押すと、ここに結果が表示されます。


更年期障害の指数チェック

※このテストで異常がでなくても、骨粗鬆症や動脈硬化などの生活習慣病が隠れていることがありますので、日々のセルフチェックをしっかり行って下さい。

若年性更年期障害とは?

閉経を迎える年齢ではないのに、更年期の女性と同様の症状が現れることを「若年性更年期障害」と言いますが、最近では特に10代・20代の女性に増えています。

原因としては、卵巣の機能が衰えている訳ではなく、過度なストレスや極度なダイエットなどによる生活習慣の乱れから脳からの指令が上手く伝わらなくなって、その結果、ホルモンバランスが崩れてしまい、身体が更年期のような状態になってしまいます。

放っておくと、生理不順や不妊症になりやすいなど、様々な弊害を招く原因になってしまいます。
若年性更年期障害

男性更年期障害とは?

更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調の総称です。
以前は、男性には関係ないものと思われてきた更年期ですが、最近では、男性ホルモンの減少によって男性にも更年期障害と同様の症状が起こる「男性更年期障害」が注目を集めています。

男性と女性の状況の違いは、女性には「閉経」という大きな変化が起きることです。
しかし、男性も更年期に相当する45〜55歳頃に男性ホルモンである「テストステロン」が減少することが明らかになっており、これによってホルモンバランスが大きく乱れ、男性更年期障害が引き起こされます。男性更年期障害

更年期障害の予防法や対策法をご紹介

更年期障害に関する参考サイト紹介

【更年期障害が5分でわかる!】-症状や対策法を学ぼう。
更年期障害を「若年性更年期障害」「男性更年期障害」などの違いを紹介してくれています。
更年期障害と間違いやすい症状も紹介してくれていますので、予防や症状の緩和などに役立てて下さい。

PAGE TOP

スポンサードリンク